PR

ニュース 政治

安倍首相、改憲による緊急事態条項創設「ずっと申し上げている」

緊急事態宣言の延長を表明し、会見で記者団の質問に答える安倍晋三首相=4日午後、首相官邸(春名中撮影)
緊急事態宣言の延長を表明し、会見で記者団の質問に答える安倍晋三首相=4日午後、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は4日の記者会見で、自身が必要性を主張している憲法改正による緊急事態条項の創設について、新型コロナウイルスの感染拡大との関連を否定した。「すでに自民党は改憲4項目のイメージを提案し、その中に緊急事態(条項)がある。今の事態だから申し上げているのではなく、ずっと申し上げている」と述べた。

 一方、緊急事態宣言の根拠となっている新型インフルエンザ等対策特別措置法に関し、休業要請に従わない業者らを対象に罰則規定を設ける法改正については「国の権限強化や、さらなる私権制限のための立法措置は、どうしても必要な事態が生じる場合は当然検討されるべきだ」語った。

 同時に「今は緊急事態の最中であり、都道府県としっかり協力しながら(事業者への要請・指示を)進めていきたい」との認識も示した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ