PR

ニュース 政治

持ち回り閣議でレムデシビル特例承認の政令改正決まる

米製薬企業ギリアド・サイエンシズが開発した新型コロナの治療候補薬「レムデシビル」(ロイター)
米製薬企業ギリアド・サイエンシズが開発した新型コロナの治療候補薬「レムデシビル」(ロイター)

 政府は2日の持ち回り閣議で、新型コロナウイルス感染症の治療候補薬「レムデシビル」について「特例承認」を行うための政令改正を決めた。加藤勝信厚生労働相が記者団に明らかにした。

 加藤氏は、製薬会社からの申請がなされ次第、1週間程度で承認できるような態勢を組む考えを示した。

 レムデシビルをはじめ治療候補薬をめぐっては、欧米など各国で安全性や有効性を調べるための臨床試験(治験)が進められているが、海外での承認、許可を条件に国内審査の手続きを簡略化する「特例承認」という制度がある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ