PR

ニュース 政治

2次補正で真水100兆円を 新型コロナ対策で自民若手が提言

令和2年度第2次補正予算編成を求める自民党の「日本の未来を考える勉強会」会長の安藤裕衆院議員=1日午前、国会内(奥原慎平撮影)
令和2年度第2次補正予算編成を求める自民党の「日本の未来を考える勉強会」会長の安藤裕衆院議員=1日午前、国会内(奥原慎平撮影)

 自民党の若手有志による議員連盟「日本の未来を考える勉強会」(会長・安藤裕衆院議員)は1日の記者会見で、新型コロナウイルス対策となる令和2年度第2次補正予算案の編成を求める提言を発表した。収入が半減した中小企業などに最大200万円を支給する「持続化給付金」を現状の2・3兆円から50兆円に拡充するなど、真水(国と地方の直接の歳出)での財政支出100兆円を求めた。

 提言は全国民に一律10万円を配る「特別定額給付金」の追加支給(26兆円)▽自治体向け臨時交付金の拡充(5兆円)▽医療・介護現場への財政措置(5兆円)などを盛り込んだ。

 安藤氏は「目の前で企業がばたばたと倒れ、国民生活が困窮に瀕している。発生する可能性の極めて低い財政規律を重視するのは本末転倒だ。提言を実施しないと、日本の生産能力が失われる」と訴えた。

 提言は4月30日に岸田文雄政調会長に提出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ