PR

ニュース 政治

手話通訳者の顔にシールド 首相官邸の記者会見で

記者会見に臨む菅義偉官房長官。手話通訳者(手前)はこの日の会見からフェイスガードを着用した=30日午前、首相官邸(春名中撮影)
記者会見に臨む菅義偉官房長官。手話通訳者(手前)はこの日の会見からフェイスガードを着用した=30日午前、首相官邸(春名中撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官の30日で記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために手話通訳者の女性が透明のフェイスシールドを着用して手話通訳を行った。公明党の山口那津男代表が29日に杉田和博官房副長官に200枚寄贈しており、菅氏は会見で「新型コロナの感染拡大防止に全力で取り組んでおり、その中の一つだ」と説明した。

 聴覚障害者は手話や口の動き、表情で言葉を理解するため、マスクを着用するとコミュニケーションが取れなくなるとの声が上がっていた。これまで菅氏の記者会見では手話通訳者はマスクなどは着用していなかった。

手話通訳者の顔にシールド 首相官邸の記者会見で

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ