PR

ニュース 政治

新型コロナで9月入学・新学期 首相「前広にさまざまな選択肢」

休日返上で開会された衆院予算委員会で答弁を行う安倍晋三首相=29日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
休日返上で開会された衆院予算委員会で答弁を行う安倍晋三首相=29日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 安倍晋三首相は29日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大による公立学校の休校長期化などを踏まえ、「9月入学・新学期」を導入することについて、「これぐらい大きな変化がある中で、前広にさまざまな選択肢を検討していきたい」と述べ、前向きに検討する姿勢を示した。国民民主党の玉木雄一郎代表の質問に答えた。

 首相は「(新型コロナの感染が)いつ収束するか、残念ながら申し上げられない」と指摘。9月入学に関し、「子供たち、保護者はもとより社会全体に影響を及ぼすのだから慎重にという意見もあることは承知している」とも語った。

 萩生田光一文部科学相は、省令改正だけで対応できるのではないかと尋ねられたのに関し、「関連法案がいくつもあるので簡単ではない」としたうえで、「社会全体の認識が共有できるなら大きな選択肢の1つだ」と述べた。

 9月入学をめぐっては、新型コロナの感染拡大で学校再開のめどがつかず、休校が長引く地域やIT化が進んでいる地域などで格差が広がる懸念があり、一部の知事や野党から導入を求める声が出ている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ