PR

ニュース 政治

新型コロナの家賃補助から「求職要件」撤廃 加藤厚労相

 閣議後の記者会見で、政府が配る布マスクに汚れがあった問題について話す加藤厚労相=24日午前、厚労省
 閣議後の記者会見で、政府が配る布マスクに汚れがあった問題について話す加藤厚労相=24日午前、厚労省

 加藤勝信厚生労働相は24日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、経済的に困窮した人の家賃を補助する「住居確保給付金」の支給要件を緩和すると明らかにした。これまで必要となっていたハローワークへの求職申し込みの条件を撤廃する。

 30日から実施する予定。加藤氏は「支援が広く届くよう、使いやすい制度にしていきたい」と語った。

 給付金はもともと、離職や廃業で経済的に困窮した人の家賃相当額を補助する制度。新型コロナの感染拡大を受け、勤務先のやむを得ない休業や自宅待機で収入が減り、住居を失う恐れがある人にも対象を広げていた。収入や預貯金が基準を下回るなどすれば支給対象となる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ