PR

ニュース 政治

防衛省の辺野古設計変更申請に沖縄副知事「コロナの時期なのに」

沖縄県名護市辺野古の沿岸部=17日(共同通信社機から)
沖縄県名護市辺野古の沿岸部=17日(共同通信社機から)

 防衛省が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に関し、埋め立て海域の軟弱地盤を改良するための設計変更申請を県に行ったことを受け、玉城デニー知事は21日午前、謝花喜一郎副知事ら県幹部と対応を協議した。県はこれまで、申請を認めない姿勢を示している。

 玉城氏は県庁で記者団に「けさ県北部土木事務所に(設計変更申請が)届けられたということを聞いているが、協議はこれからだ」と述べた。謝花氏は提出時期について「そろそろかなと(思っていた)。コロナの時期なのにね」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ