PR

ニュース 政治

消火剤流出の米軍普天間飛行場に日本政府が立ち入り調査

河野太郎防衛相(春名中撮影)
河野太郎防衛相(春名中撮影)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)から泡消火剤が基地外に流出する問題があり、河野太郎防衛相は17日の記者会見で、防衛、外務、環境の3省が16日に普天間飛行場を立ち入り調査したと明らかにした。日米両国が締結している「環境補足協定」に基づく調査で、流出範囲や回収状況などを確認した。泡消火剤は高濃度の有機フッ素化合物(PFOS)を含み、10日に流出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ