PR

ニュース 政治

緊急事態宣言後にセクキャバで遊興、立民・高井崇志衆院議員が離党届

高井崇志衆院議員
高井崇志衆院議員

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は15日、同党の高井崇志衆院議員(50)=比例中国=が離党届を提出したと明らかにした。高井氏は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言発令後に、東京・歌舞伎町の「セクシーキャバクラ」と呼ばれる飲食店を訪れていたことが週刊誌で報じられていた。

 福山氏は記者団に「言語道断だ。国民の皆さんに不快な思いをさせたことをおわびする」と陳謝した。

 福山氏によると離党届の提出は14日。受理するかどうか近く判断する。

 高井氏は、政府が7日に東京など7都府県を対象地域として緊急事態宣言を発令した後の9日夜、歌舞伎町で遊興。党幹部に事実関係を認めた。

 高井氏は元総務官僚。平成21年衆院選で旧民主党から初当選し、現在3期目。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ