PR

ニュース 政治

衆院本会議の「密集」回避 出席議員を抑制

衆院本会議 議了案件採決後、途中退席し3密を避ける議員ら=14日午後、国会(春名中撮影)
衆院本会議 議了案件採決後、途中退席し3密を避ける議員ら=14日午後、国会(春名中撮影)

 衆院は14日、新型コロナウイルスの感染防止策として、採決時以外は出席議員数を抑える運用を始めた。議場内での感染を防ぐため、密集を避ける狙いがある。衆院事務局によると、こうした試みは現行憲法下で初めて。

 14日の本会議では、政府提出人事案などの採決の後、年金制度改革関連法案の審議に移る前に一部の議員が議場を出た。与野党は議事が成立する定足数(総議員の3分の1)を下回らない範囲で調整するよう申し合わせており、定数の465に対し、残った議員は230人程度となった。退席した議員は、議員会館などで中継映像を視聴する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ