PR

ニュース 政治

東京、神奈川と一線 休業要請に否定的 千葉県の森田知事

東京都の小池百合子知事が休業要請する業種を公表したことを受け、県の対応を説明する森田健作知事=10日、県庁(永田岳彦撮影)
東京都の小池百合子知事が休業要請する業種を公表したことを受け、県の対応を説明する森田健作知事=10日、県庁(永田岳彦撮影)

 千葉県の森田健作知事は10日午後、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う国の緊急事態宣言を受けて、東京都の小池百合子知事が休業要請する業種を公表したことについて、報道陣の取材に応じた。森田知事は「東京都は東京都の事情があり、千葉県は同じというわけにはいかない」と強調し、県が業種を指定して休業要請を行うことに改めて否定的な見解を示した。

 森田知事は東京都と千葉県の財政面の違いなどを理由として挙げたうえで、県民への外出自粛要請の効果を見極めたうえで、必要ならば対応を検討する考えも示した。

 また、東京都が休業要請に対して協力金という手法をとることについては「公平にいきわたることが難しい」と指摘した。休業要請を行う場合は、国が責任をもって対応策を示すべきとの考えも強調した。

 一方、9日夜の9都県市首脳会議では小池知事の方針に否定的だった神奈川県の黒岩祐治知事が小池知事と歩調をそろえたことについては「驚いたが、それぞれ事情があり、コメントできるものではない」と述べるにとどめた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ