PR

ニュース 政治

沖縄知事、辺野古デモに「3密にならないように」

記者会見に臨む沖縄県の玉城デニー知事=10日午前、県庁
記者会見に臨む沖縄県の玉城デニー知事=10日午前、県庁

 沖縄県の玉城デニー知事は10日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に関連し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設先である名護市辺野古で移設反対派が行っているデモ活動について「県民それぞれに判断し、賢明な行動をとっていただきたい。必要であればマスクもし、(密閉、密集、密接の)3密にならないよう慎重に考えていただきたい」と述べた。

 玉城氏は同じ会見で「人が集まる状況を避けるために不要不急の外出は控えるよう」呼びかけたが、デモの可否については言及を避けた。一方、県内で広く行われている無尽講のような相互扶助を目的とした定期会合「模合」に関しては「感染が広がるリスクが高いため、なにとぞお控えいただけるよう重ねてお願いをしたい」と強調した。

 玉城氏はまた、6月23日に開かれる沖縄戦全戦没者追悼式について問われ、「規模、来賓の方々をどうするかということについては協議をしていきたい」と説明した。その上で「おそらく若干規模を縮小してやることになるのではないか」と付け加えた。

 政府は近く、辺野古の軟弱地盤を改良するため、設計変更申請を県に行う方針だが、その際には移設反対派が県庁などに詰めかけ、座り込みを行うことも想定される。この点に関し、玉城氏は「沖縄県のコロナウイルス感染状況や、政府が決定した新型コロナウイルス対処方針などを踏まえ、事業者(政府)において適切に判断をしていただきたい」と述べ、感染防止の観点からも申請を見合わせるべきとの認識を示した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ