PR

ニュース 政治

間隔空けて「密接」回避 参院本会議、議席を変更

緊急事態宣言を受け隣席と離れて着席する参院本会議=10日午前、国会(春名中撮影)
緊急事態宣言を受け隣席と離れて着席する参院本会議=10日午前、国会(春名中撮影)

 新型コロナウイルスの感染防止のため、参院は10日の本会議で議席を変更し、議員同士の間隔を一定程度空けて開催した。定数245に対し460ある議席を活用し、前後左右に可能な限り間隔を取り「密接」を避ける措置を取った。

 緊急事態宣言の発令を受け、衆参両院は8、9両日の国会審議は行わず、10日から再開するとしていた。この日の本会議では山東昭子議長をはじめ、議員はマスクを着用して出席。参院事務局は間隔を取っての本会議開催については「記録がない」と説明している。

 参院では本会議の採決の際、平成10年の通常国会から原則「押しボタン方式」が用いられているが、押しボタン装置が設置されていない議席も利用したため、法案採決では起立による採決が行われた。

 参院は緊急事態宣言の発令中は、同様の措置を続けるとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ