PR

ニュース 政治

安倍首相の報道機関への書面回答全文(1)「地方の医療提供体制整備しっかり支援」

前のニュース

緊急事態宣言を発令し会見で国民に協力を呼びかける安倍晋三首相=7日午後、首相官邸(春名中撮影)
緊急事態宣言を発令し会見で国民に協力を呼びかける安倍晋三首相=7日午後、首相官邸(春名中撮影)

 政府は9日、首相官邸で7日に開かれた安倍晋三首相の記者会見で、質問できなかった報道機関が会見後に提出した質問に対し、書面で回答した。全文は次の通り。

 --新型コロナウイルス対策で、大規模な経済対策や財政出動を表明した。その必要性を認める声の一方、巨額の負債(借金)を抱える日本の財政は今後大丈夫なのかと危惧する意見もある。財政健全化やプライマリーバランスの均衡化はますます遠のかないか。国際社会から日本の財政状況を不安視する声が一層高まる恐れもあるが、安倍首相の考えは

 「安倍政権の基本方針は『経済再生なくして財政再建なし』です。

 新型コロナウイルスの感染が世界に広がり。日本経済のみならず、世界経済が大きなショックに見舞われている中、財政ばかり優先し、国民生活が壊れてしまっては元も子もありません。

 財政・金融・税制を総動員し、できるだけ早く日本経済を正常な成長軌道に復帰させることが今は財政健全化を達成する意味でも最も重要なことと考えています」

 --緊急事態宣言の発令前から都市部から地方へ「避難」する動きがあった。今回の宣言でその動きがむしろ加速する可能性が否めない。里帰り出産などでの帰郷も考えられる。「移動の自由」との兼ね合いも考えなければいけないが、この点にどう対応していくのか

 「国民の皆さまに『移動の自由』が保障されていることは当然のことです。よって、やむを得ない理由であれば、さまざまな感染を広げないための対策を練った上で、帰郷していただくことを制限するものではありません。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ