PR

ニュース 政治

選挙「不要不急の外出にあたらず」 首相、緊急事態でも延期否定

答弁を行う安倍晋三首相=7日午後、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)
答弁を行う安倍晋三首相=7日午後、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)

 安倍晋三首相は7日の参院議院運営委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言の発令をめぐり、選挙を延期することに否定的な考えを示した。「選挙は民主主義の根幹をなすもので、不要不急の外出にはあたらない。滞りなく執行できるように努めたい」と述べた。

 首相は、阪神大震災の際などに選挙が延期されたのは有権者の把握や投票所などの確保が難しかったためと説明した。そのうえで、感染拡大を踏まえ、選挙を実施する場合は、投票所の感染防止対策などが必要になるとの認識を示した。

 日本維新の会の東徹氏の質問に答えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ