PR

ニュース 政治

公明、児童手当1人1万円増額を要請

 公明党は3日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて政府が検討している緊急経済対策に、児童手当の1人あたり1万円増額を盛り込むよう財務省に求めた。子育て世帯を幅広く支援することで、党の存在感をアピールしたい考えだ。石田祝稔政調会長が国会内で記者団に明かした。

 公明案では、今年6月の児童手当の支給に合わせ、子供1人につき1万円を上乗せする。増額支給は1回限りで、一定の年収を超えて「特例給付」を受けている世帯は対象外とする。

 緊急経済対策をめぐり、政府は1世帯当たり現金30万円を給付する方針。ただ、対象は住民税非課税世帯や所得が急減した世帯などに限られる方向だ。石田氏は「中間所得層も手当てすべきだ。子供がいる家庭も休校などで苦労している」と述べ、政府の対応を求めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ