PR

ニュース 政治

1世帯30万円「スピード感が大事」 自民・岸田氏の一問一答

安倍晋三首相との面会を終え記者団の質問に答える自民党・岸田文雄政調会長=3日午後、首相官邸(春名中撮影)
安倍晋三首相との面会を終え記者団の質問に答える自民党・岸田文雄政調会長=3日午後、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は3日、官邸で自民党の岸田文雄政調会長と会談し、新型コロナウイルスの感染拡大に対処する政府の緊急経済対策をめぐり、収入が落ち込んだ世帯向けに1世帯あたり30万円を給付する方針を決めた。会談後、岸田氏と記者団との一問一答の要旨は以下の通り。

 「首相と新しい経済対策の規模など、さまざまな点について意見交換した。焦点となっている個人への現金給付について、一定の水準まで所得が減少した世帯に対し、1世帯30万円支給するべきであるということを申し上げた。首相と意見認識が一致し、首相の了解をもらった。1世帯30万円の支給という線で、詳細をこれから政府においてしっかりと詰めてもらいたい。それ以外、経済対策の全体の規模、他の課題についてはこれから週末にかけて引き続き、政府とも調整を行っていきたい」

--「30万円」の理由は

 「1世帯30万円というのは、さまざまな議論の結果だ。いずれにしろ、まだ詳細はこれから詰めていかないといけない。引き続き調整を続ける」

--いつ頃までに

 「スピード感は大事だということは強く申し上げた。現金支給を行う、いま申し上げたように1世帯30万円という数字はもちろん大事だが、スピード感、是非迅速にこれを支給することは大事だということは強く強調しておいた。政府としてその点も勘案しながら、今後調整する」

--首相の受け止めは

 「私から申し上げるのは以上だ」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ