PR

ニュース 政治

「軽症は自宅、ホテルで療養を」 新型コロナで厚労省通知

厚生労働省=東京都千代田区(納冨康撮影)
厚生労働省=東京都千代田区(納冨康撮影)

 厚生労働省は、新型コロナウイルスの感染が拡大している地域で、軽症者や症状がない人について、自治体の用意する施設やホテル、自宅での療養を検討するよう都道府県などに通知した。通知は2日付。加藤勝信厚労相は3日の記者会見で「重症者をしっかりケアする必要がある。体制整備について具体的な検討を進めてほしい」と述べた。

 現在は、感染症法に基づき症状の程度にかかわらず原則入院となっている。今後、軽症者らに自宅やホテルで療養してもらうかどうかは各自治体が判断する。

 通知では、重症化のリスクが高い高齢者や糖尿病などの基礎疾患のある人、妊娠中の女性は対象者から除くとした。

 東京や大阪などの都市部を中心に感染拡大による病床不足が懸念されており、加藤氏は「病院機能を維持する」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ