PR

ニュース 政治

首相、感染症対策本部出席閣僚の分散を指示

出席者全員がマスクを付け行われた経済財政諮問会議で発言する安倍晋三首相(手前)=31日午後、首相官邸(春名中撮影)
出席者全員がマスクを付け行われた経済財政諮問会議で発言する安倍晋三首相(手前)=31日午後、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は31日の閣僚懇談会で、新型コロナウイルスの感染防止のため、新型コロナ感染症対策本部会合に出席する閣僚を分散させるよう指示した。西村明宏官房副長官が同日の記者会見で明らかにした。

 本部長の首相は今後も引き続き出席するが、麻生太郎副総理兼財務相は出席しない。出席者を2つのグループに分けたり、大臣と副大臣が交互に出席したりすることも検討する。メインテーブルの席の間隔を広げる他、会議の出席者全員にマスクの着用を求める。政府の他の会議についても、マスク着用や出席人数を絞る方向だ。

 西村氏は「非常に密接な状況という指摘もある」と説明した。その上で「感染症の拡大防止と危機管理の観点から対応策をとることにした」と強調した。

 小泉進次郎環境相は記者会見で、会合への出席の代わりにインターネットを使ったウェブ方式を閣僚懇で提案したと明かした上で「選択肢があることで政府の強靱(きょうじん)な態勢を維持できる」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ