PR

ニュース 政治

西村担当相、緊急事態宣言「必要との判断が出ればやる」

西村康稔経済再生担当相・社会保障改革担当相(春名中撮影)
西村康稔経済再生担当相・社会保障改革担当相(春名中撮影)

 西村康稔経済再生担当相は29日のフジテレビ番組で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた政府による緊急事態宣言の発出に関し「専門家の意見を尊重しながら適切に判断する。国民生命、健康を守るために必要だという判断が出された時にはやらないといけない」と述べた。判断材料については「感染経路が追えないものの数と、海外からの輸入症例の2つがかぎになる」と語った。

 安倍晋三首相が28日に表明した緊急経済対策に盛り込む現金給付に関しては、西村氏は「商品券よりも現金のほうが早く配れる。本当に必要とする人たちに重点的に支援した方がよいという首相の考え方だ」と説明した。「政治家や公務員、一流企業(のように)、それほど影響を受けていない、全く影響を受けていない人もいる」と語り、対象を明確にする考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ