PR

ニュース 政治

G20首脳がテレビ会議へ 安倍首相、コロナ治療薬で国際連携を提起 五輪延期に理解呼びかけ

安倍晋三首相=26日午前、首相官邸(春名中撮影)
安倍晋三首相=26日午前、首相官邸(春名中撮影)

 20カ国・地域(G20)は26日夜、テレビ会議形式の首脳会議を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するための対策を協議する。安倍晋三首相は、東京五輪・パラリンピックの開催を1年程度延期することに理解も得たい考えだ。治療薬の開発に向けた連携のあり方や、ウイルスの発生源や呼称で対立する米中を含め、参加国がどう協調するかも焦点となる。

 G20首脳がテレビ会議形式で協議するのは初めて。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、議長国のサウジアラビアが提案した。

 安倍首相は首脳会議で、感染拡大を防ぐための水際対策や、ワクチン・治療薬の開発で連携を進める必要性を提起する。感染拡大が懸念される新興国を支援する重要性も強調するとみられる。

 東京五輪・パラリンピックに関しては、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と1年程度の延期で合意した経緯を説明し、「人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証しとして、完全な形で実施」することに、理解と協力を求める。

 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナをめぐっては、中国外務省報道官が「米軍が感染症を武漢に持ち込んだかもしれない」とネット上で発言した。米側は抗議し、ポンペオ国務長官が「武漢ウイルス」と呼ぶなど対立している。米中がG20で協調し、感染対策をめぐる強いメッセージを出すことができるかも注目される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ