PR

ニュース 政治

G7外相がテレビ会議 新型コロナで連携確認 五輪延期に支持

テレビ電話方式によるG7外相会議に臨む茂木外相=25日、外務省(同省提供)
テレビ電話方式によるG7外相会議に臨む茂木外相=25日、外務省(同省提供)

 茂木敏充外相ら先進7カ国(G7)の外相は25日夜、テレビ会議を行った。新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた入国制限などの水際対策について連携を確認し、治療薬やワクチンの開発でも国際的な協力が必要との認識で一致した。茂木氏は東京五輪・パラリンピックの1年程度の延期について説明し、各国から支持を得た。

 今後の感染拡大が懸念される途上国への支援でも、G7が主導的な役割を果たす方針を確認した。茂木氏は会議後、外務省で記者団に対し「国際社会全体が新型コロナウイルスへの対応という共通の課題を抱える中、G7の団結と連携を再確認できたことは極めて有意義だった」と述べた。

 北朝鮮による弾道ミサイル発射については、全ての大量破壊兵器と弾道ミサイルの完全廃棄に向け、G7の緊密な連携を確認した。海洋進出を強める中国をめぐっても、法の支配や海洋秩序の維持に向け引き続き協力することで一致した。

 G7外相は24~25日に米東部ペンシルベニア州ピッツバーグで会談する予定だったが、新型コロナの世界的な感染拡大を受けテレビ会議での実施となった。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ