PR

ニュース 政治

日米首脳「五輪1年延期」確認 電話会談、コロナで協力

記者団からの声かけに応じず出邸する安倍晋三首相=25日午前、首相官邸(春名中撮影)
記者団からの声かけに応じず出邸する安倍晋三首相=25日午前、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は25日午前、トランプ米大統領と電話会談した。首相は夏の東京五輪・パラリンピックの開催を1年程度延期する方針について説明し、トランプ氏は「大変賢明で、素晴らしい決定だ」と評価し、支持を表明した。「完全な形」での五輪開催に向け、今後も緊密に連携していく方針で一致した。新型コロナウイルスの感染症治療薬開発に向け情報共有と協力を進めることも確認した。

 日米両首脳の電話会談は13日以来で、首相の要請で行われた。首相は24日夜に国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長との電話会談で、東京五輪を中止しない考えを共有。遅くても来年夏までに開催すると合意した。IOCはその後の臨時理事会で延期を正式に承認した。

 東京五輪の開催時期をめぐっては、世界保健機関(WHO)が新型コロナの感染状況を「パンデミック(世界的大流行)」と表明したのを受け、トランプ氏が12日、1年延期すべきだとの考えを示していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ