PR

ニュース 政治

特措法の対策本部「国内外の情勢注視し報告」 加藤厚労相

加藤勝信厚労相(春名中撮影)
加藤勝信厚労相(春名中撮影)

 加藤勝信厚生労働相は24日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく政府対策本部に関して、「『蔓延(まんえん)の恐れが高い』という特措法上の状況に当たるか、国内外の情勢を注視し、専門家の意見を聞いて最終的に(安倍晋三首相に)報告する」と述べた。

 特措法によると、対策本部は厚労相が首相に「蔓延の恐れが高い」と報告をして設置される。私権制限につながる緊急事態宣言を出すかどうかの議論を進めるには、対策本部の設置が前提となる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ