PR

ニュース 政治

日銀、3兆4000億円のドル資金供給 各国中銀と協調

日本銀行本店=東京都中央区(川口良介撮影)
日本銀行本店=東京都中央区(川口良介撮影)

 日本銀行は17日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う市場の混乱を抑えるため、民間の金融機関に約323億ドル(約3兆4000億円)のドル資金を供給した。感染拡大への不安から、基軸通貨のドルを確保しようとする動きが強まっているため、ドルの供給を増やして混乱を抑える狙いだ。日銀や米連邦準備制度理事会(FRB)、欧州中央銀行(ECB)など日米欧の6中央銀行は16日に協調してドル資金の供給を拡充することで合意しており、その一環となる。

 日銀は公開市場操作(オペレーション)を実施し、1週間の期間で約20億ドル、3カ月の期間で約302億ドルを低金利で貸し付けた。

 各国中銀は金融市場の混乱に対応するため、政策協調に乗り出している。FRBは15日に緊急利下げを実施。日銀も予定を前倒しして16日に金融政策決定会合を開き、上場投資信託(ETF)の購入枠を倍増するといった追加の金融緩和策を決定している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ