PR

ニュース 政治

野党「国民の不安高める」 終息予測回避を批判

 野党は14日、新型コロナウイルス感染が終息する見通しに言及しなかった安倍晋三首相の記者会見を「国民の不安に全く応えず、ますます不安と混乱を大きくする」(立憲民主党の福山哲郎幹事長)と批判した。改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を回避するよう求める声も出た。

 福山氏はコメントで「感染がいつ終息するのか、一斉休校やイベント中止要請がいつまで続くのかの見通しを明らかにしなかった」と指摘。「経済対策も具体的に示さず、危機意識が希薄すぎる」と非難した。

 国民民主党の玉木雄一郎代表もツイッターで、首相の経済対策を巡る発言に関し「『一気呵成に』しか言わなかった。この会見、何のためにやったのか分からない」と皮肉った。

 社民党の吉田忠智幹事長は緊急事態宣言について「発動しないよう、感染症の拡大防止に万全を期すことを強く求める」と談話で注文した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ