PR

ニュース 政治

森法相が予算委答弁撤回 震災時の検察官避難「個人の見解、不適当」

参院予算委員会で自身の答弁をめぐり審議が紛糾、中断し困惑する森雅子法務相=11日午後、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)
参院予算委員会で自身の答弁をめぐり審議が紛糾、中断し困惑する森雅子法務相=11日午後、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)

 森雅子法相は11日の参院予算委員会で、9日の予算委での東日本大震災時の検察官の避難をめぐる自身の答弁について「法相が個人の見解であることを事前に示すことなく、個人の見解を申し上げたことは不適当で、撤回する」と述べた。11日の予算委は森氏の答弁をめぐり、一時中断した。

 9日の予算委では、野党議員が東京高検検事長の定年延長問題をめぐり、全国の検察官に定年延長が必要になった理由を質問。森氏は「震災の時に検察官は福島県いわき市から市民が避難していない中で最初に逃げた」「その時に身柄拘束している十数人を理由なく釈放して逃げた」などと答弁した。

 11日午前の衆院法務委員会で立憲民主党の山尾志桜里氏が改めて9日の森氏の答弁について事実関係を追及した。

 森氏は災害などの恐れがある中、人数が少ない支部で検察官が一律で定年退職すると対応できなくなることや、当時の法相が釈放について謝罪していたことを説明したが、山尾氏は納得せず、審議が中断した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ