PR

ニュース 政治

首相の休校要請知ったのは「発表当日の午後」 菅官房長官

参院予算委員会で答弁を行う菅義偉官房長官=5日午後、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)
参院予算委員会で答弁を行う菅義偉官房長官=5日午後、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)

 菅義偉官房長官は5日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、安倍晋三首相が小中高校などに臨時休校を要請することを知ったのは2月27日午後だったと明らかにした。首相は27日夕の政府の対策本部で休校要請を表明した。

 菅氏は「(感染が広がっていた)北海道や大阪が休校したいという話を承知していて、(未発生地域を)どうするか(首相と)議論した。『最終的には首相のご判断ですよ』とも申し上げた」と説明。その上で「4、5日間議論して、首相がその日午後、判断されたと聞いた」と述べた。

 立憲民主党の杉尾秀哉氏の質問に答えた。野党は休校要請をめぐり、政府内の調整が不十分で場当たり的な対応だなどと批判している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ