PR

ニュース 政治

菅官房長官記者会見 6日午前で3千回 「ギネス級」の声 

会見に臨む菅義偉官房長官=4日午後、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=4日午後、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官が首相官邸で行った定例と臨時の記者会見の合計回数が、6日午前の記者会見で3千回に到達する。約7年3カ月をかけて積み上げた前人未到の数字で、政府関係者からは「ギネス級だ」との声も上がる。

 菅氏は平成24年12月26日の第2次安倍晋三政権発足後、平日に原則1日2回、定例会見を行った。地震や豪雨災害、北朝鮮のミサイル発射などが発生すれば随時、臨時会見を開いた。4日午後の会見が2997回目。災害など緊急の事態がなければ5日午前と同午後の2回を経て、6日午前の会見で3千回目を迎える。

 1回あたりの時間は公務や国会日程などもあるため10~15分程度となるケースが多い。外務省によると、日英米など主要7カ国(G7)で閣僚クラスが1日2回のペースで記者会見を行うのは日本だけだという。

 菅氏は安定した答弁に定評があり、集団的自衛権の行使を限定的に認めた安全保障関連法や森友・加計問題などで安倍政権が激しい批判にさらされた際には、記者団からの追及にも「鉄壁」ぶりを発揮し、政権を屋台骨として支えた。ただ、昨年秋ごろから批判を集めた「桜を見る会」をめぐる問題では、答弁が変遷する場面もあった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ