PR

ニュース 政治

【新型肺炎】橋本五輪相、五輪開催判断「5月末が大きな基準」

 橋本聖子五輪相は3日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大で中止や延期が懸念される東京五輪の開催可否の判断期限について、「5月末が(国際オリンピック委員会=IOC=の判断の)大きな基準になっているのかとも思う」と述べた。

 橋本氏は、IOC委員のディック・パウンド氏が開催の判断期限を5月末と発言したことを「IOCの公式見解ではなかった」としつつ、「実際はどういう状況になっていくかにより、IOCが全て判断する」と説明した。

 また、開催都市契約で大会が2020年中に開催されない場合にIOCが大会を中止できるとされていることに触れ、「延期は20年中であれば(可能)と取れる」と述べた。

 安倍晋三首相は「今回のウイルスの終息への道のりは予断を許さない」と強調。「アスリートや観客にとって安心・安全な大会となるよう準備を着実に進め、その環境をつくっていくことは政府の責任だ」と述べ、開催に向けて準備を進める考えを示した。 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ