PR

ニュース 政治

政府、検査拡大で苦慮 不安解消と殺到回避の両立目指す

 もっとも、厚労省は重症者や重症化しそうな患者を優先的に検査するという方針まで変えるつもりはない。

 首相が「医者が必要と考える場合には」とわざわざ語ったのは、希望すれば誰でも受けられるわけではないということを意味する。漠然と不安だなどの理由で軽症者が医療機関に殺到すれば、医療提供体制が崩壊しかねないからだ。医療機関が感染拡大の温床となる可能性もある。

 政府の専門家会議も「必要とされる場合に適切に実施する必要がある。全ての人に検査をすることは有効ではない」としている。ウイルス検査には、国民の冷静な判断も求められる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ