PR

ニュース 政治

政府の自粛要請当日にパーティー開催 「批判されるのは心外」秋葉首相補佐官の発言詳報

「全世代型社会保障」を国民に分かりやすく伝えるため開かれた有識者会議の初会合であいさつする秋葉賢也首相補佐官=27日、東京・永田町
「全世代型社会保障」を国民に分かりやすく伝えるため開かれた有識者会議の初会合であいさつする秋葉賢也首相補佐官=27日、東京・永田町

 自民党の秋葉賢也首相補佐官は26日夜、地元の仙台市で政治資金パーティーを開いた。安倍晋三首相が肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大防止のため全国的なイベントの自粛を要請した直後だった。秋葉氏は27日、「幸いにして東北地方は患者の発生がなく、検査態勢に余裕があると確認した」と述べ、問題がなかったとの認識を示した。報道陣に語った詳細は次の通り。

 

 「安倍晋三首相が国民に対して3月15日までイベントの自粛を要請したのは昨日(2月26日)の午後で、私のパーティーは夕方に予定されていた。物理的に中止という選択肢は難しかった。(首相補佐官は)危機管理をしていく立場にいるので当然延期も含めて事務所と検討した」

 「しかし、幸いなことに宮城県を含め東北地方は6県とも感染者が出ていない。ただ、出ていなくてもこれから出るリスクがあるので、宮城県の2カ所でやっている(新型コロナウイルスの)PCR検査の需要はどれくらいあるのかということも踏まえたら、能力に対して大きな実績はなかった。今後のリスクについても極めて低いということが予想されたので、例年の半分の1時間強で切り上げた」

 「無頓着に能天気に開催したのではなく、いたるところにアルコール消毒液を置いて、当然、感染者が出たらその時点で延期すると決めて事務所にも指示していた。政府は一律に自粛をお願いするつもりはなく、主催者で考えてくれというのが公式的な立場。だから私も自分のパーティーを予定通りやるかどうか慎重に判断した。幸いにして東北6県は、まだ感染者も出てない。実際に県内におけるPCR検査が1日どのくらい行われているのか踏まえると、思った以上にほとんど検査に回されているものがなかった」

 「パーティー当日のタイミングで政府が自粛要請したものだから、補佐官という自粛をお願いしなきゃいけない立場でいいのかと批判になっている。何度も言うが、当日のパーティーだった。延期も検討した。あらゆるリスク分析をした上で、東北6県では幸いにして感染者はいない。これから起こるリスクはPCR検査の件数がどうなのか全部調べた上でトータルで判断した」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ