PR

ニュース 政治

立民・枝野氏と森法相、予算委で東北大同級生対決 質疑は平行線

衆院予算委員会・集中審議で質問する立憲民主党・枝野幸男代表=26日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会・集中審議で質問する立憲民主党・枝野幸男代表=26日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 立憲民主党の枝野幸男代表は26日の衆院予算委員会で、黒川弘務東京高検検事長の定年延長をめぐる法解釈変更手続きに瑕疵(かし)があるなどとして森雅子法相を追及した。枝野、森両氏はともに東北大法学部卒で弁護士資格を持つ。同じクラスで机を並べた同級生同士の法律論争となった。

 主要野党は検察官の定年延長を認める法解釈の変更は「後付けではないか」と批判している。枝野氏は、政府の法解釈をめぐる経緯をただした上で、森氏が法務省内で口頭決裁したことを問題視。「大事なことを文書で決裁する理由は何か」と詰め寄った。

 これに対し、森氏が「シナリオではなく、ファクトの積み上げで議論してほしい」と応じると、枝野氏も「質問に答えていない。ファクトを並べただけだ」と反論した。森氏の“シナリオ発言”には、棚橋泰文予算委員長(自民)が「冷静に答弁するように」と注意した。

 その後も森氏が法解釈変更は妥当だと譲らない一方、枝野氏は「明らかに手続き的な瑕疵で、違法だ」と主張し、終始かみ合うことはなかった。枝野氏は質問後、森氏の答弁について記者団に「大変残念だなと思う。それ以上、あまり申し上げない方がいい」と感想を述べた。

衆院予算委員会で答弁を行う森雅子法務相=26日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会で答弁を行う森雅子法務相=26日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
その他の写真を見る(2/2枚)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ