PR

ニュース 政治

菅長官「五輪開催の5月下旬判断は公式見解でない」

 記者会見する菅官房長官=26日午前、首相官邸
 記者会見する菅官房長官=26日午前、首相官邸

 菅義偉官房長官は26日午前の記者会見で、日本の新型コロナウイルス感染拡大をめぐり国際オリンピック委員会(IOC)の委員が東京五輪開催の判断は5月下旬が期限になるとの見方を示したことについて「IOCの公式見解ではない」と述べた。大会組織委員会がIOCに確認したと語った。

 菅氏は「予定通り大会開催に向けて、IOCが準備を進めていることを説明しているものであるとの回答得た」とも語った。来月スタートする聖火リレーについてもスケジュールなどの変更はないとした上で、「IOCや大会組織委員会、東京都と緊密に連携を取りながら、新型コロナウイルス対策に関する海外への情報発信を含めて大会開催に向けた準備を着実に進めていきたい」と述べた。

 橋本聖子五輪相も「公式の見解ではないとIOCから組織委員会側に報告があった」と説明。「大会が開催できるよう、IOCがしっかりとした判断をしていただけるよう変わらず準備に取り組んでいきたい」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ