PR

ニュース 政治

イベント、必要性検討を 厚労相のメッセージ全文

新型コロナウイルス(新型肺炎)に関して会見する加藤勝信厚労相(右)=20日午後、東京・霞が関の厚労省(宮崎瑞穂撮影)
新型コロナウイルス(新型肺炎)に関して会見する加藤勝信厚労相(右)=20日午後、東京・霞が関の厚労省(宮崎瑞穂撮影)

 加藤勝信厚生労働相が20日発表したイベント開催に関する国民へのメッセージの全文は以下の通り。

 新型コロナウイルスの感染の拡大を防ぐためには、今が重要な時期であり、国民や事業主の皆さま方のご協力をお願いいたします。

 最新の感染の発生状況を踏まえると、例えば屋内などで、お互いの距離が十分にとれない状況で一定時間いることが、感染のリスクを高めるとされています。

 イベント等の主催者においては、感染拡大の防止という観点から、感染の広がり、会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討していただくようお願いします。なお、イベント等の開催については、現時点で政府として一律の自粛要請を行うものではありません。

 また、開催にあたっては、感染機会を減らすための工夫を講じていただきたい。例えば、参加者への手洗いの推奨やアルコール消毒薬の設置、風邪のような症状のある方には参加をしないよう依頼をすることなど、感染拡大の防止に向けた対策の準備をしていただきたい。

 国民の皆さまにおいては、風邪のような症状がある場合は、学校や仕事を休み、外出を控えるとともに、手洗いやせきエチケットの徹底など、感染拡大防止につながる行動にご協力をお願いします。特に高齢の方や基礎疾患をお持ちの方については、人混みの多いところはできれば避けていただくなど、感染予防にご注意いただくよう、お願いいたします。

 そのためには、学校や企業、社会全体における理解に加え、生徒や従業員の方々が休みやすい環境整備が大切であり、テレワークや時差通勤も有効な手段であります。関係の皆さまのご協力をお願いいたします。

 なお、新型コロナウイルス感染症の今後の感染の広がりや重症度を見ながら適宜見直すこととしています。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ