PR

ニュース 政治

会議欠席の小泉環境相と森法相「反省している」 新型肺炎

衆院予算委員会で答弁を行う小泉進次郎環境相=19日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会で答弁を行う小泉進次郎環境相=19日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 小泉進次郎環境相は19日の衆院予算委員会で、政府が16日に開いた新型コロナウイルス感染症対策本部の会合を欠席し、地元後援会の新年会に参加したことについて「不適切だった。反省している」と述べた。立憲民主党の本多平直衆院議員の質問に答えた。

 小泉氏は対策本部には八木哲也環境政務官が代理出席していたため危機管理上問題はないとの認識を示した上で、「反省している。新年会であり、その場にお酒も出ていた」と語った。

 一方、対策本部は全閣僚がメンバーになっており、16日の会合は午後4時から首相官邸で開かれていたが、小泉氏に加えて森雅子法相も欠席していた。

 森氏は同日、自身の地元の福島県いわき市で開かれた書道展の表彰式に出席していたと認めた。森氏も宮崎政久法務政務官が代理出席していたと説明した上で、「危機管理上のルールにのっとった対応だが、反省をしている」と述べた。

 小泉、森両氏の対策本部会合の欠席について、菅義偉官房長官は危機管理上の問題はないとしつつも、「本田氏の指摘を真摯(しんし)に受け止め、対応していく。私も安倍晋三首相もこれ以上、(感染が)広がらないようしっかりと取り組んでいきたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ