PR

ニュース 政治

首相やじ、議会に謝罪を 辻元氏「民主主義の問題」

衆院予算委員会で立憲民主党・辻元清美幹事長代行(左)の質問に答弁を行う安倍晋三首相=12日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会で立憲民主党・辻元清美幹事長代行(左)の質問に答弁を行う安倍晋三首相=12日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 立憲民主党の辻元清美幹事長代行は15日、甲府市での党会合で、自身の国会質問に安倍晋三首相が飛ばしたやじについて、議会に対して謝罪するよう注文した。17日の衆院予算委員会で首相がやじへの見解を述べる予定であることに触れ「私に謝るのでなく、これは民主主義の問題だ。立法府の議員が今の政府をチェックし、意見や批判をするのは大事な役割だ」と述べた。

 「謝るらしいが、ほんまかいな。どういう謝り方をするのか見てから質疑に立ちたい」とも語った。東京高検検事長の定年延長や「桜を見る会」をめぐる問題を挙げ「私はだから『タイは頭から腐る』と言った。リーダーがきちんとした対応をしないと、組織がどんどんおかしくなる」と指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ