PR

ニュース 政治

北村地方相、ようやく反撃か 野党の不安定答弁批判に

衆院予算委員会で答弁する北村誠吾地方創生担当相・規制改革担当相(左)を見守る安倍晋三首相(右)=12日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会で答弁する北村誠吾地方創生担当相・規制改革担当相(左)を見守る安倍晋三首相(右)=12日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 北村誠吾地方担当相は12日の衆院予算委員会で、答弁が官僚の言いなりだとの批判に「私の口から出た言葉は、大臣の言葉だ」と反論した。国民民主党の後藤祐一氏に答えた。

 これまでの予算委で、北村氏は安倍晋三主催の「桜を見る会」の公文書管理をめぐって、事務方が用意した資料を繰り返し読み上げたり、答弁を撤回したりするなど不安定さが目立ち、野党が批判を強めている。

 ただ、12日の予算委では、閣僚の資質を問う質問に「私も至らないところがある。野党の皆さん方からもいろんな形で学びながら仕事をさせてもらう」「今後ともご鞭撻(べんたつ)よろしくお願いします」などとやり返す場面もみられた。

 任命責任を問われた安倍首相も「北村氏はしっかりと任務を果たしている。大臣が役所、政府を代表して発言をしている」と擁護した。(田中徹)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ