PR

ニュース 政治

安倍首相「引退後はチョコ輸入」 エストニア首相との夕食会で

首脳会談を前にエストニアのラタス首相(左)と握手する安倍晋三首相=10日午後、首相官邸(春名中撮影)
首脳会談を前にエストニアのラタス首相(左)と握手する安倍晋三首相=10日午後、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は10日、公邸で開かれたエストニアのラタス首相との夕食会冒頭で、約2年前に同国を訪れた際に「首相を辞めて政治家を引退したら、エストニアのおいしいチョコレートを日本に輸入する」と話していたことを紹介した。これに対してラタス氏は「チョコレートの輸入商になりたいとのことだが、当分は首相を続けると思っている」と切り返した。

 安倍首相は、エストニアが導入している、インターネット上で外国人でも国民と同等の行政サービスが受けられる「電子居住権」を過去に取得したことに触れ「私はまだ引退していないが、いつかその日が来たら失効した(電子居住権)カードを更新したい」とも語った。

 首相は2018年1月にエストニアを訪れラタス氏と会談。「IT先進国」である同国と連携を図る方針を確認している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ