PR

ニュース 政治

政府、皇位継承策で識者聴取着手 菅氏「4月以降検討」明言 旧宮家男子に復帰の意向確認せず

会見に臨む菅義偉官房長官=7日、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=7日、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は10日の衆院予算委員会や記者会見で、安定的な皇位継承策の検討について、既に有識者への意見聴取に着手したことを明らかにした。「事務方が有識者から個別にお話を伺っている」と述べ、最近の議論の動向を踏まえ検討を始めていると説明した。

 菅氏は本格的な検討について、秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣となられたことを内外に示す4月19日の「立皇嗣の礼」に伴う行事の後に実施する方針も示した。菅氏が検討時期を明言したのは初めて。

 立皇嗣の礼が皇位継承に伴う最後の行事だとし「この行事を終えた後に具体的にさまざまなことを詰めていきたい」と述べた。「静かな環境の中で検討が行われるように配慮していく必要があり、途中段階で逐一明らかにすることは差し控えたい」とも語った。

 また、旧宮家男子の皇族復帰案に関し、対象者に意向を確認したことはないと明らかにした。今後も「考えていない」と述べた。保守系の国会議員らからは、男系男子を維持するために旧宮家男子の皇族復帰を求める意見が出ている。菅氏は「男系継承が古来例外なく維持されている重みなどを踏まえ、慎重かつ丁寧に検討していきたい」とも語った。

 平成29年成立の譲位特例法は付帯決議で、「安定的な皇位継承を確保するための諸課題」「女性宮家の創設等」を政府が速やかに検討し、結果を国会に報告するよう求めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ