PR

ニュース 政治

自民・森山国対委員長、秋元被告の対応は慎重に

 自民党の森山裕国対委員長は10日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件で、東京地裁が収賄罪で起訴された衆院議員、秋元司被告の保釈を認める決定をしたことについて「推定無罪の期間中、立法府としてどう対応するかは非常に難しい」と述べ、慎重に対応していく考えを示した。

 秋元被告をめぐる国会の対応としては、辞職勧告決議案の提出などが想定されるが、森山氏は「過去に完全に無罪になった人もいる。総合的に考えて、立法府として間違いのない対応を図る」と指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ