PR

ニュース 政治

前橋市長選、山本氏3選 保守分裂の混戦制す

前橋市長選で3選を果たし、万歳して支持者と喜ぶ山本龍氏(手前右)=9日、同市(橋爪一彦撮影)
前橋市長選で3選を果たし、万歳して支持者と喜ぶ山本龍氏(手前右)=9日、同市(橋爪一彦撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 任期満了に伴う前橋市長選は9日投開票され、無所属現職の山本龍氏(60)が3選を果たした。過去最多の6人が立候補し、保守分裂の激戦となる中、元自民党県議の無所属新人、岩上憲司氏(47)との事実上の一騎打ちを制した。投票率は43・16%で、過去最低だった前回30・97%を上回った。当日有権者数は27万7549人(男13万4504人、女14万3045人)。

 ほかに立候補したのはいずれも無所属新人で、得票順に元前橋市議の中島資浩氏(48)▽元前橋市議の店橋世津子氏(58)=共産推薦▽元自民党衆院議員で行政改革担当相を務めた佐田玄一郎氏(67)▽元みどり市議の海老根篤氏(72)-の4人。

 選挙戦では、現職の山本氏の市政運営に対する評価に加え、市財政の在り方やまちづくりなどを争点に舌戦が展開された。2期8年の実績と知名度に勝る山本氏が保守分裂の逆風をはねのけて混戦から抜け出した。

 午後9時50分ごろ、山本氏の選挙事務所(前橋市野中町)に当確の一報が入ると、吉報を待ち構えていた支持者からは割れんばかりの拍手とともに、口々に「やったぞ」「おめでとう」と祝福する声が飛び交った。

 登壇した山本氏は、顔を紅潮させながら繰り返し頭を下げてあいさつ。「皆さんが信じてくれた結果だ。今後は約束したことを果たしていく。山本がこのまちを引っ張っていく」と勝利宣言した。

 山本氏の3選は当初、盤石とみられていた。しかし、推薦を求めた自民党県連が急転直下、自主投票を決定し、保守票が分裂。想定外の事態に陣営は一時、劣勢も懸念された。

 それでも陣営は2期8年の実績を強調。タクシー運賃助成制度「マイタク」の利便性向上など「生きやすい前橋」に向けた選挙公約を掲げ、集会や街頭演説などを精力的に展開し、市議や県議の全面的な応援も受けて最終盤で勝利をたぐり寄せた。

 「ありがとうございました」。何度もお辞儀を繰り返す山本氏に、支持者は惜しみない拍手を送った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ