PR

ニュース 政治

英外相、EPA交渉「日本は最優先」 日英外相、EU離脱後初会談

共同記者発表する茂木外相。左は英国のラーブ外相=8日午後、東京都港区の飯倉公館
共同記者発表する茂木外相。左は英国のラーブ外相=8日午後、東京都港区の飯倉公館

 茂木敏充外相は8日、英国のラーブ外相と東京都内で戦略対話を開き、英国の欧州連合(EU)離脱を受け、新たな日英の経済連携協定(EPA)の締結に向け、早期の交渉開始を目指すことで一致した。EU離脱後、両国の外相が会談するのは初めて。

 茂木氏は会談で「EU離脱後の両国間の経済連携の迅速な構築に向け、できる限り早期に交渉を立ち上げたい」と言及。ラーブ氏は会談後、日本が協定交渉の「最優先国」の一つだとして、「可能な限り早く」交渉に入る考えを記者団に示した。

 両氏は、法の支配を重視する「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、安全保障上の連携を強化することも確認した。茂木氏は会談後の共同記者発表で「両国は基本的価値を共有する戦略的パートナーだ」と述べ、ラーブ氏も「日本はアジアにおける最も緊密な安全保障上のパートナーだ」と応じた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ