PR

ニュース 政治

公明・山口代表、新型肺炎の改憲論にクギ 「まず現行法で」

 公明党の山口那津男代表は4日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、自民党内で持ち上がっている「緊急事態条項」を新設する改憲論にクギを刺した。「まず現行法でできる限りのことをやり、対応できないときは立法措置を検討するのが議論の順序だ」と述べ、改憲論は尚早だとの考えを示した。

 4月に予定される習近平国家主席の国賓としての訪日については「実現を図るべく最大限の努力をすべきだ」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ