PR

ニュース 政治

都道府県に「帰国者・接触者外来」設置要請 厚労省、新型肺炎「蔓延防ぐ」

厚生労働省=東京都千代田区(納冨康撮影)
厚生労働省=東京都千代田区(納冨康撮影)

 厚生労働省は3日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各都道府県に感染の疑いのある人を診察する「帰国者・接触者外来」を2月上旬をめどに設置するよう求める事務連絡を出したと発表した。事務連絡は1日付。厚労省は「国民の不安を軽減し、蔓延(まんえん)をできる限り防止する」としている。

 帰国者・接触者外来は、複数の市町村にまたがり、医療機関が協力して入院治療をする「2次医療圏」に1カ所以上設置してもらう。厚労省は、一般患者と診察室などを分け、医療従事者の感染対策も十分に行うことを求めている。

 帰国者・接触者外来の受診は、保健所などに設ける「帰国者・接触者相談センター」が調整する。感染の疑いがある人はまずセンターに電話で相談し、センターが外来に誘導する。厚労省はセンターも外来と同様、2月上旬をめどに整備してもらいたい考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ