PR

ニュース 政治

首相、新型肺炎への検査態勢強化を表明 簡易キット開発着手

衆院予算委員会で答弁する安倍首相=3日午前
衆院予算委員会で答弁する安倍首相=3日午前

 安倍晋三首相は3日午前の衆院予算委員会で、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、国内の検査態勢を強化する考えを示した。短時間でウイルスに感染しているかどうかを判定する簡易検査キットの開発に着手したことも明らかにした。民間の検査機関で検査ができる態勢の構築にも取り組む。

 首相は「国内の感染症例も広がる中、検査や相談体制の充実、拡大は喫緊の課題だ」と述べた。簡易検査キットの開発については、民間機関との連携も視野に入れる。

 自民党の岸田文雄政調会長の質問に答えた。岸田氏が、感染症対策の強化を図るための政府の組織見直しを求めたのに対し、首相は「組織を強化していくことは重要な視点だ。不断の見直しを進め、危機管理への対応力を高めていきたい」と応じた。

 衆院予算委は令和2年度予算案に関する基本的質疑を行った。基本的質疑は通常、首相と全閣僚が出席するが、加藤勝信厚生労働相は新型肺炎対応を優先するため、答弁予定がない時間帯は同委を離席する。

 与党は予算案の月内の衆院通過を目指し、参院での審議を経て3月末までに成立させる考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ