PR

ニュース 政治

京都市長選投票始まる 現職と2新人争う

 任期満了に伴う京都市長選は、2日午前7時から市内287カ所で投票が始まった。即日開票され、同日夜に大勢が判明する見通し。

 立候補しているのはいずれも無所属で、与野党5党が相乗りで支援し、4選を目指す現職、門川大作氏(69)、元市議の新人、村山祥栄氏(41)、共産党とれいわ新選組が推薦する弁護士の新人、福山和人氏(58)の3人。

 門川氏は、自民、立憲民主、国民民主、社民各党の府連と公明党からの推薦を得ており、府や国との連携の必要性を訴える。福山氏は、福祉や教育の充実を主張。村山氏は、財政再建の徹底を掲げる。選挙戦では、観光客の急増に伴い住民生活が悪影響を受ける「観光公害」への対応も争点になった。

 市選挙管理委員会によると、午前10時現在の投票率は2・92%で、前回同時刻を0・21ポイント上回っている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ