PR

ニュース 政治

福岡市長「非常時は中国クルーズ船の寄港を制限すべき」

福岡市の高島宗一郎市長
福岡市の高島宗一郎市長

 中国を中心に新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大している問題で、福岡市の高島宗一郎市長は31日、記者団に対し「クルーズ船の寄港を制限するべきで、国で方向性を出してもらいたい」と述べた。国土交通省によると、博多港(同市)には昨年、上海発便を中心に229回の寄港があった。中国政府は国内の旅行会社に対し、国内外すべての団体旅行の中止を命じ、博多港へ寄港予定だったクルーズ船も運行を取りやめている。

 高島氏は、世界保健機関(WHO)による緊急事態宣言に触れ、「今の状況は災害に近い。クルーズ船の(博多港への)寄港取りやめは中国政府による判断の結果で、日本としての主体的なリスク対策ではない。インバウンド(訪日旅行)振興への穴が見えている」と指摘。「福岡市だけの問題でなく、同じようなインバウンド客を受け入れている地域(の首長と)一緒になった国への働きかけ含め、検討していきたい」と述べた。

 1月30日に自身のSNSで「当面、中国本土からのクルーズ船寄港を拒否すべきと思っている」と発信したことに関連し「ヘイトスピーチを助長する心配がある」との特定の記者の質問に対し、高島氏は「大事なことは平時と有事を切り分けること。非常事態での対応で寄港停止を含めて検討することは大切だ」と反論した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ