PR

ニュース 政治

11年ぶりの「ムネオ節」 鈴木宗男氏登場に予算委沸く

参院予算委が休憩に入り、鈴木宗男氏(右)と立ち話をする安倍首相=30日午前
参院予算委が休憩に入り、鈴木宗男氏(右)と立ち話をする安倍首相=30日午前

 30日の参院予算委員会で、日本維新の会の鈴木宗男参院議員が質問に立った。鈴木氏が予算委で質問するのは平成21年2月の衆院予算委以来約11年ぶり。以前と同様に歯に衣(きぬ)着せぬ“ムネオ節”を披露した。

 「あなたが大臣に就任するときは、大丈夫かな、何か出てくるんでないかなとか雑音があったが、今の大臣の職責を見ていると、総理は確かな人を任命した」

 鈴木氏が武田良太防災担当相に語りかけると、武田氏は苦笑しつつ、「力強い激励をありがとうございます」と応じた。

 鈴木氏は22年に受託収賄罪などで実刑が確定し服役、一時公民権が停止した。昨年の参院選で国政復帰した。

 この日はライフワークである日露平和条約交渉などを質問し、安倍晋三首相からロシアが予定する対独戦勝75周年記念式典への出席検討などの答弁を引き出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ