PR

ニュース 政治

首相「フェーズ一段上げる必要」 新型肺炎で政府対策本部開催 DMAT活用に言及

新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍晋三首相(中央)=30日午後、国会内(春名中撮影)
新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍晋三首相(中央)=30日午後、国会内(春名中撮影)

 政府は30日午後、安倍晋三首相を本部長とする新型コロナウイルス感染症対策本部の初会合を首相官邸で開いた。首相は「これまで実施してきた水際対策などのフェーズをもう一段引き上げる必要がある」と述べ、感染拡大阻止に全力を挙げる考えを示した。

 29日に中国湖北省武漢市から政府派遣のチャーター機第1便で帰国した邦人のうち、無症状だった2人を含め計3人が新型コロナウイルスに感染していることが判明したのを受け、対応強化に乗り出した形だ。

 首相は会合で、大規模な災害や事故の際に専門医などを迅速に派遣する災害派遣医療チーム「DMAT」(ディーマット)の活用にも言及し「今後も事態の推移を十分に注視し、これまでの発想にとらわれることなく、柔軟かつ機動的な対策を講じていく」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ